ハロウィン

ハロウィンとはいったい何の行事なんだろう?と考えたことありますか。

ニュースでは、仮装した人たちが街中ではしゃいでいる映像が流れます。

そんなイベントとしてのハロウィンではなく、本来の由来、意味を知ったうえで楽しんでもらいたいなぁと思い調べてみました。

ハロウィンの意味って?

ハロウィンは、キリスト教の諸聖人に祈りを捧げる祝日「万聖節」の前夜祭。

クリスマスイブのようなものとしてヨーロッパ発祥のお祭りです。

秋の収穫をお祝いし、先祖の霊をお迎えするとともに悪霊を払うお祭りで3日間続きます。

日本のお盆とおなじように死者の霊が戻ってくると言われている期間でもあります。

日本では収穫をお祝いする秋祭りと死者の霊が帰ってくるお盆が一緒になったような感じでしょうか。

 

ハロウィンの起源と由来は?

もともと、古代ケルト民族のドゥルイド教で行われていたサウィン祭が起源だとされています。

古代ケルトでは、11月1日が新年とされ、大みそかにあたる10月31日の夜に先祖の霊が家族に会いに戻ってくるとされています。

しかし悪霊もついてきてしまい、作物の出来が悪くなったり、子供をさらっていくなどの悪さをしていくのです。

そこで人々悪霊を驚かせて追い払おうと、仮面を付けたり、魔女やゴーストの仮装をしたり、魔除けの焚火を行ったと言われています。

また、悪霊と同化することによって、悪霊がもたらす災いを遠ざけるという意味もあるようです。

最近では、宗教的な意味合いが薄れ大人と子供がアニメのキャラクターやプリンセスなど楽しいイメージの仮装するイベントになっています。

ハロウィンはなぜこの時期なのか?

古代ケルト人は1年を「明るい期間」と「暗い期間」に分けて考えていました。

10月31日の夜はその「暗い期間」の始まりでかがり火を焚いて新年を迎え入れ、農作物の収穫が終わり、冬に備えるという意味があったそうです。

その語源となっている「万聖節」は、実は7世紀ごろまで5月13日とされていましたが、ケルト人が自然崇拝からケルト系キリスト教を経てカトリックへ改宗する過程で、カトリック教会がケルトの収穫祭に合わせて11月1日に設定し直したとされています。

 

Trick or Treat(トリックアトリート)とは?

現代の「トリック・オア・トリート」の「お菓子くれない家にはいたずらするよ」のはじまりは、16世紀頃のスコットランドやアイルランドで、子供や貧しい人たちが家々を訪ねて歌を歌ったり祈りを捧げ、代わりにケーキをもらっていた習わしの名残です。

ちなみに日本でも北海道で同じようなイベントがあります。

北海道では七夕に家を回って「ろうそく出せ出さなきゃひっかくぞ!おまけにかみつくぞ!」という、ろうそくもらいというイベントがあるんですよ。

カボチャのランタン「ジャック・オー・ランタン」

ハロウィンのシンボルとして良く目にする目と鼻と口をくりぬいてキャンドルをともしたかぼちゃのランタン。

もともとかばちゃには「お守り」としての意味もあり、カボチャのランタンは「悪霊や魔物から守る番犬」の意味もありました。

この名前の由来でもあるジャックとは、アイルランドの物語の登場する男の人。

生前、悪いことばかりしたジャックは魂を取りに来た悪魔をだましたために、地獄にも墜ちることもできず、死んだ後もランタンに火を灯し闇夜を歩き続けたというお話。

日本でいう鬼火のような存在ですね。

 

まとめ

色々調べてみるとダークな行事なんですね。五穀豊穣と鎮魂のお祭りといったところでしょうか。

日本では神社のお祭りのような感覚なのかもしれませんね。

現代の日本では、大人も子供も楽しめるイベントになっていて仮装して楽しく祝う。秋の一大イベントです。

我が家の娘たちも何に仮装しようか悩み中です。仮装パーティーや近所の子供たちのトリック・オア・トリートの行進など楽しんでみてはいかがでしょうか。

ハロウィン

10月31日はハロウィンの日。

最近では日本でも、仮装を楽しんでいる人をたくさん見かけるほど、一年の中でも盛り上がる大イベントになりつつあります!

ハロウィンと言えば、かぼちゃお化けが定番のように定着しています。

身をくりぬいて作る、ちょっと不気味に見えるジャックオーランタンがこの時期になるとまちこちにあふれてます。

ハロウィン=かぼちゃをイメージする人は多いでしょうが…、でも実は、元々はカブをくりぬいたランタンだった事は知っていますか?

ジャックオーランタンの由来には、ちょっと怖いお話が言い伝えられているんです。

今回はそんなジャックオーランタンの事について、ちょっと詳しく書いてみましょう。

ジャックオーランタンの名前の由来は?

昔、ジャックと言うずる賢くて乱暴者でうそつきのケチな男がいました。

酒好きだったジャックは、あるハロウィンの夜にも散々酔っ払っていて地獄から出て来た悪魔と出会い、ジャックは悪魔に魂を取られそうになります。

ジャックは悪魔に『魂をあげるから最後に酒を飲ませて』と頼みました。

その願いを聞き入れた悪魔は、コインに化けて酒代を払おうとしますが、ジャックは十字架でコインを抑えつけて自分の財布に悪魔をとじ込め、降参した悪魔は『10年間ジャックの魂を取らない』と約束し、解放されしました。

そして約束の10年後、悪魔はジャックの前に再び現れ、約束通り魂を取ろうとする悪魔に『最後にあの木のりんごが食べたい』と言い、今度こそ最後だと思った悪魔はりんごを取りに木に登りました。

ジャックはその隙に、持っていたナイフで木の幹に十字架を刻み込み、十字架が怖くて木から降りられなくなってしまった悪魔は、もう二度と魂を取らないと約束をしました。

長い年月が過ぎ、ジャックは寿命でこの世を去りましたが生前の行いが良くなかったせいで天国には行けず、仕方なく地獄へ行きますが、そこであの悪魔と三度目の再会をします。

『お前の魂は取らないと約束したから、お前を地獄に連れて行く事はできない』と言われ、どこにも行けずに困り果ててるジャックに悪魔は元に戻るよう言いますが、生き返れるはずもなく戻る場所もありません。

ジャックは仕方いので、暗く冷たい闇が広がる道を引き返しますが、暗すぎて何も見えないジャックは悪魔に灯りをくれとお願いし、地獄の小さな炎の塊を分けてもらいます。

この灯りを消してはいけないと思ったジャックは、道端に転がっていたカブをくりぬき、その中に火を灯し、ランタンの代わりにしました。

ジャックオーランタン=ランタン持ちのジャック、これがジャックオーランタンの由来だと言われています。

ジャックオーランタンの逸話は?

上記した由来の他にも似たようなお話も語り継がれています。

その昔、ジャックという名の口は巧いが卑怯で素行の悪い鍛冶屋の男がいました。

怠け者だけどズル賢く頭のキレるジャックは、十字架を使って悪魔を罠に仕掛けて、自分を地獄に落とさないと約束するまで罠の中に閉じ込めました。

悪魔は仕方なく約束し、ジャックは死んでも地獄へ落ちない身となる事に成功しました。

そうして死んだジャックは『死者の門』へ着いたのですが、そこで死者を天国か地獄へ行くか見定める『聖ペテロ』をも得意の話術で騙して生き返る事にも成功します。

しかし、生き返った後も生前の素行の悪さも改めず全く反省せずに最悪な男のままだった。

そして、再び死んで死者の門を訪れた時に聖ペテロから『お前は天国へ行く事も、地獄へ行く事も出来ない』と言われ、暗い闇の中を漂う事になってさしまいました。

そんなジャックを見て不憫に思った悪魔が地獄の劫火から赤々と燃える石炭を一つ取り、ジャックに明かりとして渡します。

その明かりをカブに入れてランタンの代わりにし、ジャックは今でも暗闇を一人で歩き続けている…と言うものです。

そう考えると、ジャックオーランタン自体は怖いものではありませんね。

 

まとめ

ちなみに、カブからかぼちゃに変わったのは、ただ単に『かぼちゃが豊作だったから』だそうです。

何も知らないでただ楽しんでいた方も多いと思いますが、ハロウィンには色々なお話があるようですね。

内容は多少似ていても、色々な説があり何通りもの言い伝えがあるのだとか。

『トリックオアトリート!』と言って子供がお菓子をもらって回るようになったのは、それからしばらく経ってからのようです。

ハロウィンも、色々奥が深いです。