読書で人生が変わったって本当?その影響とは?

昔から読書はとても大切なことだから本をたくさん読むようにと言われてきた人は多いのではないでしょうか。

ですが、読書が人生においてどのような影響をもたらすのかということがわかっていなければ、読書をする気もなかなかおきません。

なので、今回は読書が人生にどのような影響を与えるのかということを説明していきたいと思います。

 

読書で人生が変わったなんてこと聞くけど本当かな?

読書で人生が変わったという人の話がありますが、読書をすることで人生のどのような所に変化が起こるのでしょうか。

まず、読書をすることで様々な考え方に接することが出来るようになります。

色々な人の考え方を知ることができれば、人とのかかわり方にも変化が起こります。

例えば、自分とは違う考えを持っている人の意見を理解することが出来るようになり、相手の心情を理解することができるようになります。

このように相手のことを知ることが出来るようになれば、話の内容にも変化が出るようになりますし、これまでよりもより有効な話し合いをすることができるようになります。

そうすれば、仕事の時の話し合いにも変化が起こり、効率的な作業をすることも可能になります。

 

他にも読書をすることにより心に刺激を受けるようになります。

心への刺激は自分の考え方にも変化を起こします。

また、感性も豊かになる為、人生に潤いをもたらすようになります。

このように読書をすることによって考え方や人との接し方に変化が出てくるため、読書は人生をより良いものにするためのきっかけにもなります。

読書が人生に与える影響って?

では、読書は人生にどのような影響を与えるのでしょうか。

まず、読書をすることにより知識を得ることができます。

本には日常生活の中ではなかなか触れることが出来ないような知識がたくさん書かれています。

なので、本を読むだけでもたくさんの知識を手に入れることが出来ます。

 

読書には他にも集中力をあげる効果があります。

集中力は勉強にかかわらず、いろいろな場面で必要になってくるので読書によって集中力を高めるということはとても大切なことになっています。

読書には集中力以外にも様々な能力に影響を与えます。

例えば、読書には脳を活性化させる働きがあります。

テレビやゲームでは内容を想像する必要がないため、読書に比べて脳に与える影響は少なくなっています。

脳が活性化することにより、まず記憶力に変化が起こります。

私も昔から読書が好きで本をよく読んでいたのですが、読書をしていなかった人と比べて記憶力が良いと感じています。

 

また、読書にはストレスを軽減させる効果もあります。

海外の有名な大学で読書がストレスに与える影響について実験をして結果を発表していましたが、短時間でのストレス発散効果は音楽鑑賞やジョギングなどのストレス解消法に比べて格段に高くなっていることがわかっています。

このように読書には人生にとってたくさんの良い影響を与える力があります。

人生をよりよいものに変えたいけれど、どのようなことをすればよいのか分からないという人はまず読書をしてみると良いのではないでしょうか。

読書を始める前と読書を始めた後では色々な部分で変化を感じられるようになると思います。

 

まとめ

今回は読書が人生にどのような影響を与えるのかということについて説明をしていきました。

これまでの人生の中で読書をあまりしてこなかった人はこれを機会に読書をする習慣を身に付けてみるのもいいのではないでしょうか。

これまでにたくさん読書をしてきた人はこれまでに読んでいた本のジャンルとは違うジャンルのものを読んでみると新たな発見につながるのではないかと思います。