ハロウィンの意味や由来は?その起源をまとめてみました!

ハロウィンとはいったい何の行事なんだろう?と考えたことありますか。

ニュースでは、仮装した人たちが街中ではしゃいでいる映像が流れます。

そんなイベントとしてのハロウィンではなく、本来の由来、意味を知ったうえで楽しんでもらいたいなぁと思い調べてみました。

ハロウィンの意味って?

ハロウィンは、キリスト教の諸聖人に祈りを捧げる祝日「万聖節」の前夜祭。

クリスマスイブのようなものとしてヨーロッパ発祥のお祭りです。

秋の収穫をお祝いし、先祖の霊をお迎えするとともに悪霊を払うお祭りで3日間続きます。

日本のお盆とおなじように死者の霊が戻ってくると言われている期間でもあります。

日本では収穫をお祝いする秋祭りと死者の霊が帰ってくるお盆が一緒になったような感じでしょうか。

 

ハロウィンの起源と由来は?

もともと、古代ケルト民族のドゥルイド教で行われていたサウィン祭が起源だとされています。

古代ケルトでは、11月1日が新年とされ、大みそかにあたる10月31日の夜に先祖の霊が家族に会いに戻ってくるとされています。

しかし悪霊もついてきてしまい、作物の出来が悪くなったり、子供をさらっていくなどの悪さをしていくのです。

そこで人々悪霊を驚かせて追い払おうと、仮面を付けたり、魔女やゴーストの仮装をしたり、魔除けの焚火を行ったと言われています。

また、悪霊と同化することによって、悪霊がもたらす災いを遠ざけるという意味もあるようです。

最近では、宗教的な意味合いが薄れ大人と子供がアニメのキャラクターやプリンセスなど楽しいイメージの仮装するイベントになっています。

ハロウィンはなぜこの時期なのか?

古代ケルト人は1年を「明るい期間」と「暗い期間」に分けて考えていました。

10月31日の夜はその「暗い期間」の始まりでかがり火を焚いて新年を迎え入れ、農作物の収穫が終わり、冬に備えるという意味があったそうです。

その語源となっている「万聖節」は、実は7世紀ごろまで5月13日とされていましたが、ケルト人が自然崇拝からケルト系キリスト教を経てカトリックへ改宗する過程で、カトリック教会がケルトの収穫祭に合わせて11月1日に設定し直したとされています。

 

Trick or Treat(トリックアトリート)とは?

現代の「トリック・オア・トリート」の「お菓子くれない家にはいたずらするよ」のはじまりは、16世紀頃のスコットランドやアイルランドで、子供や貧しい人たちが家々を訪ねて歌を歌ったり祈りを捧げ、代わりにケーキをもらっていた習わしの名残です。

ちなみに日本でも北海道で同じようなイベントがあります。

北海道では七夕に家を回って「ろうそく出せ出さなきゃひっかくぞ!おまけにかみつくぞ!」という、ろうそくもらいというイベントがあるんですよ。

カボチャのランタン「ジャック・オー・ランタン」

ハロウィンのシンボルとして良く目にする目と鼻と口をくりぬいてキャンドルをともしたかぼちゃのランタン。

もともとかばちゃには「お守り」としての意味もあり、カボチャのランタンは「悪霊や魔物から守る番犬」の意味もありました。

この名前の由来でもあるジャックとは、アイルランドの物語の登場する男の人。

生前、悪いことばかりしたジャックは魂を取りに来た悪魔をだましたために、地獄にも墜ちることもできず、死んだ後もランタンに火を灯し闇夜を歩き続けたというお話。

日本でいう鬼火のような存在ですね。

 

まとめ

色々調べてみるとダークな行事なんですね。五穀豊穣と鎮魂のお祭りといったところでしょうか。

日本では神社のお祭りのような感覚なのかもしれませんね。

現代の日本では、大人も子供も楽しめるイベントになっていて仮装して楽しく祝う。秋の一大イベントです。

我が家の娘たちも何に仮装しようか悩み中です。仮装パーティーや近所の子供たちのトリック・オア・トリートの行進など楽しんでみてはいかがでしょうか。