ザリガニは水道水をそのまま使ってもいい?水の量や水替えは?

アメリカザリガニは非常に丈夫な生き物ですから、ペット?としてお飼いになるのも良いでしょう。

その生態を観察することで生きものの勉強にもなりますので、お子さんにとっては有意義な生き物であるといっても良いかと思うのです。

ただ、ザリガニは脱出の名人芸をもっています。

ですから、水槽に入れておいてもいつ逃げ出すか分かりません。

蓋をきっちりとして逃げ出さないように工夫をしてくださいね。

ザリガニは水道水そのままで大丈夫?

カルキの問題があるという方と、ないという方と二つに意見が分かれるのです。

カルキは一日経つと蒸発してしまいますので、水道水を汲み置きして、一日待ってから入れてあげてもらいたいと思います。

ザリガニに適した水は中性から弱アルカリ性がよいとされています。

一日が待てないという場合には、ザリガニを販売するペットショップで薬剤が売っておりますので、参考にしてください。

 

水を良好に保つためには、ろ過装置もありますので、つけておかれる方が無難ではないかと思います。

ろ過装置があると汚れを分解するバクテリアが育ちます。

塩素が混じった水ですと、バクテリアが死滅しますので、汚れを分解することができません。

バクテリアが死ぬとすぐに臭くなる原因になるので、塩素は取り除いておいてくださいね。

 

ザリガニの水の量はどれくらい?

エアーポンプを使う場合と使わない場合によって水の分量を変えてくださいね。

エアーポンプを使う場合

エアーポンプを使う場合は、水深を深くしてくださいね。

ザリガニが喜びます。

水深が深くなると動きがよくなるのがその証拠です。

ザリガニの呼吸方法は、人間とはちがってエラ呼吸です。

ただ、ザリガニは水深が深くなり酸素が無くなれば生きていられないのです。

酸素不足を起こさないためにエアーポンプを使用して酸素の供給に努めてくださいね。

 

エアーポンプを使わない場合

エアーポンプを使用しない場合は、水は浅めにしてください。

ザリガニの背中がすこし隠れる程度の水の量で大丈夫です。

ザリガニは酸素が不足すると、エラを空中に出してエラ呼吸を始めるのです。

そのときは体を横向きにします。

生きるためにすごい知恵ですよね。

また、もう少し水を入れてあげたいなあと思われるならば、水槽などの底に木片やすこし大きめの石を入れて足場を作ってやればそこに登ってエラ呼吸をします。

特殊なエラをもっているザリガニは体が濡れてさえいれば、空中で酸素を取り込むことができるという能力が備わっているのです。

自然ってすごい仕組みを作りますね。

ザリガニの水換えのタイミングは?

水換えっていつしたらいいの?

通常飼育ならば、週に1回か2回です。

長くて10日間位だと思ってください。

飼いはじめは週に2~3回、2週間連続します。

2週間が過ぎましたら、1週間に1回で大丈夫です。

水というのは換えすぎてもよくないし、逆に換えなさ過ぎてもよくないということです。

ただ、エサをやり過ぎたなあと思ったときや、命を落としたザリガニを何日も水槽に入れておいた場合は、水は取り換えてくださいね。

 

水換えってすべての水を換えてしまうの?

すべての水を換えるのではありません。

通常飼育の場合には、1/3か1/4位を入れ換えてください。

飼いはじめは水槽から水を1/3抜いて、1/3足すというやり方でやってください。

ただし先ほどもいいましたが、エサをやり過ぎた場合や死んだザリガニを放置していた場合は半分以上の水を取り換える必要があります。

水に変化が大きいとザリガニは脱皮してしまうことがあるので、そうするとザリガニの命が縮まる恐れがあるので、いつもの水を使うことが肝要ではないかと思います。

 

まとめ

ザリガニを飼って長生きさせてあげて下さい。

観察するにはもってこいですし、夏休みの宿題にも使えますよね。

ニオイが気になるということがよく言われます。

ザリガニが臭いわけではなく、考えられるのは

  • 水の中にバクテリアが住んでいない。
  • 塩素のために死んでしまった。

などが考えられます。

もし、そのようなことがありましたら、ろ過装置をつけてみてくださいね。

それでも解決が図れない場合には、ザリガニを売っておられる店に行きお尋ねください。

ザリガニと人間といえばまったく天と地ほどの差があるのですが、命をもつものとしては同じかと思うのです。

ザリガニを観察して命の大切さを知るチャンスかも知れません。

少しでも大事にして、可愛がってやってくださいね。